20180512001テスト

2018-06-30 〜 2018-07-15

exh 20180630

宮下 大輔

6月30日 sat 19:00- ギャラリートーク

コンセントタップ、バッグ・クロージャー、クリップ、PCの画面を埋め尽くすフォルダ、ウィンドウ、プリンターからプリントアウトされる紙、重なった紙コップ、建物の上の貯水タンク、広告の入っていない空白の看板、など、さまざまなものに、日常の中で目が合うように遭遇している。 それらは何か特別なものではなく、気付かず通り過ぎてしまうような何でもないものであるはずだが、 私は目が合うようにそれらに気付く。 私はそれらを見つけようとしたり探したりせず日常を過ごしているが、それらとの遭遇は発生している。 遭遇も事実であり、存在も事実である。 私はそれらにフォースを感じ、作品にするという事実に至っている。 データを受信したプリンターがプリントアウトするかのように、私は作品という事実を出力している。 これは事実である。

gallery N
名古屋市千種区鏡池通3-5-1